無職でもお金を借りる方法

無職でもお金は借りられるのか

お金を借りる時に最も重要なのは、「安定した収入があるかどうか」というところだということは散々説明しました。
当然ではありますが、収入がなければ返済することができません。だから、安定した収入があるかどうか、というのを貸す側はしきりに気にしてくるのです。
そういってしまうと、無職の人は借金は全くできない、ということになりますよね。
基本的にはそういうことになりますが、お金が無い時って、何か事情があって仕事ができない場合、問題があって仕事を辞めてしまい、再就職が決まらない場合、などただただ遊んで無職なわけではありませんよね。
基本的に無職のときこそお金が必要だし、お金が無いからこそお金を借りる必要があるわけです。

 

では、無職でもお金は借りられるのか?という疑問ですが、答えは「状況によっては借りられる」というのが正解です。
基本的には借りることはできません。
ただし、条件によっては借りることができるのが現在のカードローン事情です。

 

問題は「返済能力」があるかどうか


消費者金融のような貸金業は、法律で定められているためどのような条件であれ無職の人は借金をすることができません。
しかし、銀行の場合は条件が違いますので、無職でもお金を借りることができる可能性があります。
それは、「返済能力があるかどうか」という部分がしっかりしてさえいれば、契約することができる場合があります。

 

例えば本人が無職でも、配偶者に安定した収入があればお金を借りることが可能です。
これは配偶者にのみ当てはまることではありますが、配偶者が仕事をしていることで、もう片方の配偶者は返済能力有りと判断してくれる場合もあります。

 

これは、銀行のカードローンやキャッシングでお金を借りる場合の話。
実際に無職の人は、このような金利の発生するところから借金するよりも、行政機関を利用した方がいいですね。

 

無職の人は福祉協議会で借りる


事故にあってしまい、アルバイトに行かれなくなってしまった。
治るまでに半年かかるが、その間収入がないため、借金をしたい。

 

このような場合も、無職でお金を借りる、という条件に当てはまりますよね。
このような方は、利息が発生するカードローンなどを利用するよりは、社会福祉協議会でお金を借りるのが最も安全です。
もちろん、こちらで借りるのも多少の利息は発生しますが、1.5%〜3%ととても通常のカードローンでは太刀打ちできないような金利。そして、連帯保証人さえいれば無利息で借りることができます。

 

ただし、審査は相当厳しいですし、面接もあります。
親族などから借りることができるかどうか、というのも審査対象となります。

 

それらを通過し、返済ができる、と判断された場合のみ、借金することができます。
手続きも時間がかかりますし、審査のために何度か足を運ぶ必要がありますので手間がかかるといえばかかりますが、無職でも確実にお金を借りることができるので、本当に困っている方は福祉協議会に相談するのが安心・安全な借金ですね。