借金したい。借金するには。キャッシング・カードローンなど即日融資でお金借りるなら良い借入先で

良い借入先を選ぶために必要な条件

お金に困った時、借入れしたいと思ってもなかなかどの借入先を選ぶのが安心なのか、悩みますよね。
まずはいい借入先を選ぶようにしないといけません。自分がいくら借りたいのか収入形態はどうなのか、などの状況にあった借入れ先を選ばないと、条件が合わないところに申し込みをして審査に通らないのはもったいなさすぎます。
まずは良い借入先の条件と、良い借入先を選ぶポイントをご紹介しましょう。


良い借入先とは?


まず、良い借入先というのは人それぞれ違います。例えば一刻もはやくお金を借りたい人にとっては即日融資が可能な借入先が最も良い借入先ですよね。時間はかかってもいいから少しでも低金利で借りたい人にとっては、即日融資の借入先は良い借入先とはいえません。
まず、自分にとって何を優先させるかを決めましょう。

即日融資優先→消費者金融

時間優先であれば銀行でも即日融資はありますが消費者金融が最短です。
消費者金融なら、土日祝夜間関係なく、その日のうちに借りることができます。

金利優先→銀行

低金利で借りたいのなら、銀行がオススメ。消費者金融と比べると金利の差が4%近くありますので、少しでも低金利で借りたい方、または大きな金額を借りたい方は銀行カードローンやキャッシングがおすすめです。

 

信販会社は実は金利は安くない!?
クレジットカードのキャッシングはすごく便利で簡単に借入できるのでつい使ってしまいがちですが、実は消費者金融と同じくらいの高金利で、なおかつ消費者金融のような無利息キャンペーンなどのお得なキャンペーンは一切行っていないのが現実です。
良くもなく悪くもなく…特に何のメリットもないのがクレジットカードのキャッシング枠。現金を借りる場合は消費者金融または銀行で借りた方が断然お得です。

 

良い借入先を選ぶためには

自分が借入をする時に再優先とする内容を確認したら、それに合った借入先をまずはいくつか選びます。
例えば即日融資を優先するのであれば、消費者金融を何社かチョイスします。
そして、その借入先を金利や条件別に比較していきます。

アコム 年率3.0〜18.0% 楽天銀行なら24時間365日対応 契約日の翌日から30日間
アイフル 年率4.5%〜18.0% ネットバンク対応なし 契約日の翌日から30日間
プロミス 年率6.3%〜17.8% 三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら24時間365日対応 初回出金の翌日から30日間

この3つの借入先は、どれも金利はほぼ同じ、無利息キャンペーンも全て対応、そして全て大手の消費者金融です。
このような似通った消費者金融から良い借入先を見つけるには、少しのサービスの違いを見落とさないこと。
例えば他の2社と比べてプロミスだけが無利息キャンペーンの期間が若干違います。
他2社は契約日から30日間なのに対し、プロミスは初めて借入したその日から30日間が無利息です。
契約してもすぐに利用しない人、前持ってカードだけ作っておいて借入日はまだ先の人は、契約日から30日間の無利息キャンペーンを提供しているアイフルやアコムよりも、初めて借りた日から30日間無利息のプロミスを選んだ方がお得です。

 

また、アイフルは他の2社のように24時間365日いつでも振込キャッシングができるネットバンクの対応がありません。
楽天銀行やジャパンネット銀行を持っている方は手数料も0円なのでアイフル以外で契約した方がお得ですね。

 

このように、借入先のキャンペーン状況や提携ATMなどの状況によって借入先を細かく選んだ方が無難です。
後から、手数料がすごくかかる、などの理由で他の消費者金融に変更したりするのも手間なので、最初のうちに確認して一番良い借入先を選ぶようにしましょう。

 

借入先の審査について

銀行カードローンと消費者金融では借入方法や契約方法は同じでも多少法律的な面で審査の基準が違います。
消費者金融は金融業になるため、総量規制の対象になります。
銀行は金融業ではないため、総量規制の対象外となります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上を貸すことができないよう定められた法律です。
消費者金融だけでなく信販会社もそうですが、金融業の場合は全て、年収の3分の1を超える借入はできないことになっています。そのため、年収問題だけでなく、自身に収入がない専業主婦も借入することはできません。

 

銀行は銀行法という法律で定められているため、総量規制対象外となっています。そのため、年収の3分の1以上でも借りることが可能ですし、自身に収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば契約することが可能です。

 

このような内容に則って審査は行われます。
このことを最初に知っておけば、専業主婦が消費者金融を借入先に選ぶことを避けることができますし、大きな金額を借りたい、または他社で年収の3分の1くらいの借入がすでにある人は銀行カードローンを優先して借入先に選択することができます。
そうすることで、スムーズにお金を借りることができるので便利ですね。