借金したい。借金するには。キャッシング・カードローンなど即日融資でお金借りるなら良い借入先で

良い借入先を選ぶために必要な条件

お金に困った時、借入れしたいと思ってもなかなかどの借入先を選ぶのが安心なのか、悩みますよね。
まずはいい借入先を選ぶようにしないといけません。自分がいくら借りたいのか収入形態はどうなのか、などの状況にあった借入れ先を選ばないと、条件が合わないところに申し込みをして審査に通らないのはもったいなさすぎます。
まずは良い借入先の条件と、良い借入先を選ぶポイントをご紹介しましょう。


良い借入先とは?


まず、良い借入先というのは人それぞれ違います。例えば一刻もはやくお金を借りたい人にとっては即日融資が可能な借入先が最も良い借入先ですよね。時間はかかってもいいから少しでも低金利で借りたい人にとっては、即日融資の借入先は良い借入先とはいえません。
まず、自分にとって何を優先させるかを決めましょう。

即日融資優先→消費者金融

時間優先であれば銀行でも即日融資はありますが消費者金融が最短です。
消費者金融なら、土日祝夜間関係なく、その日のうちに借りることができます。

金利優先→銀行

低金利で借りたいのなら、銀行がオススメ。消費者金融と比べると金利の差が4%近くありますので、少しでも低金利で借りたい方、または大きな金額を借りたい方は銀行カードローンやキャッシングがおすすめです。

 

信販会社は実は金利は安くない!?
クレジットカードのキャッシングはすごく便利で簡単に借入できるのでつい使ってしまいがちですが、実は消費者金融と同じくらいの高金利で、なおかつ消費者金融のような無利息キャンペーンなどのお得なキャンペーンは一切行っていないのが現実です。
良くもなく悪くもなく…特に何のメリットもないのがクレジットカードのキャッシング枠。現金を借りる場合は消費者金融または銀行で借りた方が断然お得です。

 

 

すぐに借りたい!即日融資対応 オススメランキング

アコム

貸付利率
(実質年率)
自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

アコムは即日融資にしっかり対応!
最大30日間金利0(ゼロ)円サービス。初めての方のみ、契約日の翌日から最大30日間無利息!

アコムは24時間インターネットからの申し込みが可能!3秒あれば融資が可能か自己診断することができます。アルバイトやパートでも自身に安定した収入があれば審査可能。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
急ぎでお金が必要な方への強い味方、CMなどでも人気の消費者金融です。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

↓公式サイトはこちら↓

http://www.acom.co.jp/

 

アイフル

貸付利率
(実質年率)
自動審査受付時間 メリット
4.5%〜18.0% 9:00〜21:00 最短30分で審査が可能!

急にお金が必要な時、即日融資に丁寧に対応!老舗の消費者金融、アイフルです。
お急ぎ審査なら土日祝でも夜間でも申し込みが可能なので、急な出費の強い味方です。
アイフルは女性のための女性専用フリーダイヤルなども設置しており、細かいサービスが人気の消費者金融です。
※受け付け時間によっては振込みがよく営業日となる場合があります。
【特徴】
・女性専用の申込みフリーダイヤルもあります
・1秒診断で事前に自己診断が可能。
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

↓公式サイトはこちら↓

http://www.aiful.co.jp/

 

 

→その他の総合人気ランキング

 

 

即日発行可能なキャッシング(カードローン)付きクレジットカードならこれ!

ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるキャッシング機能が付いています。コンビニのATMなどですぐに借りれて、返済も柔軟にできます。クレジットカードの中には、即日発行が可能なものや、クレジットカードの発行で数千円分のポイントがつくものもあります!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。パート、アルバイトでもカード発行可能!

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

良い借入先を選ぶためには

自分が借入をする時に再優先とする内容を確認したら、それに合った借入先をまずはいくつか選びます。
例えば即日融資を優先するのであれば、消費者金融を何社かチョイスします。
そして、その借入先を金利や条件別に比較していきます。

アコム 年率3.0〜18.0% 楽天銀行なら24時間365日対応 契約日の翌日から30日間
アイフル 年率4.5%〜18.0% ネットバンク対応なし 契約日の翌日から30日間
プロミス 年率6.3%〜17.8% 三井住友銀行・ジャパンネット銀行なら24時間365日対応 初回出金の翌日から30日間

この3つの借入先は、どれも金利はほぼ同じ、無利息キャンペーンも全て対応、そして全て大手の消費者金融です。
このような似通った消費者金融から良い借入先を見つけるには、少しのサービスの違いを見落とさないこと。
例えば他の2社と比べてプロミスだけが無利息キャンペーンの期間が若干違います。
他2社は契約日から30日間なのに対し、プロミスは初めて借入したその日から30日間が無利息です。
契約してもすぐに利用しない人、前持ってカードだけ作っておいて借入日はまだ先の人は、契約日から30日間の無利息キャンペーンを提供しているアイフルやアコムよりも、初めて借りた日から30日間無利息のプロミスを選んだ方がお得です。

 

また、アイフルは他の2社のように24時間365日いつでも振込キャッシングができるネットバンクの対応がありません。
楽天銀行やジャパンネット銀行を持っている方は手数料も0円なのでアイフル以外で契約した方がお得ですね。

 

このように、借入先のキャンペーン状況や提携ATMなどの状況によって借入先を細かく選んだ方が無難です。
後から、手数料がすごくかかる、などの理由で他の消費者金融に変更したりするのも手間なので、最初のうちに確認して一番良い借入先を選ぶようにしましょう。

 

借入先の審査について

銀行カードローンと消費者金融では借入方法や契約方法は同じでも多少法律的な面で審査の基準が違います。
消費者金融は金融業になるため、総量規制の対象になります。
銀行は金融業ではないため、総量規制の対象外となります。

 

総量規制とは、年収の3分の1以上を貸すことができないよう定められた法律です。
消費者金融だけでなく信販会社もそうですが、金融業の場合は全て、年収の3分の1を超える借入はできないことになっています。そのため、年収問題だけでなく、自身に収入がない専業主婦も借入することはできません。

 

銀行は銀行法という法律で定められているため、総量規制対象外となっています。そのため、年収の3分の1以上でも借りることが可能ですし、自身に収入のない専業主婦でも、配偶者に安定した収入があれば契約することが可能です。

 

このような内容に則って審査は行われます。
このことを最初に知っておけば、専業主婦が消費者金融を借入先に選ぶことを避けることができますし、大きな金額を借りたい、または他社で年収の3分の1くらいの借入がすでにある人は銀行カードローンを優先して借入先に選択することができます。
そうすることで、スムーズにお金を借りることができるので便利ですね。

 

借金をするには何が必要?

はじめて借金をしたいと思っている人は、借金をするために何が必要なのか検討がつかないですよね。
そこで、はじめて借金をしようと思っている方のために、借金をするために必要なものをご説明いたします。

 

安定した収入

借金をするためには、毎月安定した収入がある必要があります。
これは正社員でなくても問題ありません。アルバイトでもパートでも、月3万円でも40万円でも、安定した収入が継続してある人は基本的に借金をすることができます。

 

安定した住所

基本的に、ネットカフェで生活している、というパターンの方は借金は難しいでしょう。
家賃が安くても、自宅が間借りでも、きちんとした住所に安定して住んでいれば問題ありません。

 

連絡がつく電話番号

最近では固定電話をもっている人は少なくなってきました。特に学生さんは自宅に電話を引く事はない人が多いと思います。
皆、携帯電話の番号で対応可能になりました。
借金も携帯電話の電話番号でOKです。ただし、携帯も持っていない、という方は借金するのは難しいでしょう。

 

住所がしっかりしていて、安定した収入があり、そしてきちんと連絡がつく電話番号があれば借金をするこができます。
アルバイトやパートでもOK、学生でも問題ありません。ただし、18歳未満はどのような状況であれ借金をすることはできませんので18歳以上になってから検討してみてくださいね。

 

 

 

 

借金したい!どこで借金できる?

借金がはじめての人は、一体どこで借金をすれば良いのかわかりませんよね。
借金というのは、「お金貸します」などの広告というよりは、名称としては「キャッシング」「カードローン」「クレジットカード」のような名称で使われる事が多いです。
特にカードローンやキャッシングというのは、言い換えれば借金と言っているのと同じです。
借金をしたい人は、「カードローン」や「キャッシング」で契約をする必要があります。

 

では、このカードローンやキャッシングはどこで契約する事ができるのかというと、3つのパターンがあります。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • 信販会社

大きく分けるとこの3つです。
特に銀行や信販会社はクレジットカードの買い物やローンなどのイメージが大きいので、借金と結びつけやすいと思いますが消費者金融はあまりいいイメージがない人も多いと思います。
消費者金融は、カードローンに特化していて、現金が必要な場合は消費者金融が最も一般的です。
特に消費者金融であればすぐにお金を借りることができますので便利なんですね。

 

借金をしたい、と思っている方は、この3つの中から自分にあったものを選んで契約をするといいと思います。
それぞれ特徴や借りられる金額も違いますし、自分が借りたいと思っている金額によってもどこで契約するか変わってきますので、しっかりとそれぞれのサービスについて調べた上で契約をするようにしましょう。

 

スピーディーに借金するには?


大金を借金したいのであれば時間も猶予もあると思いますが、10万円以下の金額を借金したいと思っている人は急ぎの場合が多いですよね。
明日必要、来週の月曜必要、など1週間以内にお金が必要な場合は即日融資というその日のうちにお金を借りることができるカードローンを利用するのがオススメです。

 

借金をするためには、契約をする必要があります。
契約をするためには、あなたの住所や氏名、仕事先などを調べ、返済能力があるかどうかを審査します。
この審査に通過することで、はじめて契約をすることができます。

 

この審査を早く行ってくれれば即日融資が可能になります。
この審査をスピーディに行っているのが消費者金融です。

 

銀行カードローンやキャッシングの借金ももちろんメリットは多くありますが、すぐに借金したい人にとっては不向きです。
銀行や信販会社は審査をして実際に借金することができるようになるまで1ヶ月近くかかる場合があります。
1週間以内に確実に借金をしたい人は、最初から消費者金融で契約した方がいいですね。

 

ただし、大きな金額を長期間借りたい場合はまた条件が違ってきます。
その場合は、銀行のような金利の低いところで時間をかけて契約した方がおトクなので銀行のカードローンを調べてみてくださいね。

更新履歴